レーザー脱毛したからこそ抑毛ローションの良さが分かるらしい!

レーザー脱毛などで永久脱毛しても、結局ムダ毛ってまた生えてきますからね!よく、レーザー脱毛した方は、コントロールジェルMEのような抑毛ローションや抑毛ジェルを使うそうです。これは、レーザー脱毛した方の多くが、肌に刺激を与える脱毛方法を経験しているからといえます。剃刀・毛抜き・脱毛クリームなどですね!肌荒れや肌に刺激となるような脱毛法を経験しているからこそ、肌に優しい脱毛法にこだわるようです。肌荒れや埋もれ毛のリスクは、避けたいですから!永久脱毛の定義みたいなものがあるそうですが、ご存知ですか?脱毛後、2年後のムダ毛の再生率が20%以下の脱毛方法らしいです。絶対に毛が生えてこないわけではないんですよね!
posted by コントロールジェルME at 14:54 | ムダ毛処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脇のムダ毛処理や黒ずみ対策!肌に優しい抑毛ローションでケアしたい!

controlgelme.jpg

デリケートな脇は、剃刀などでムダ毛処理(自己処理)していくと、あっという間にダメージが現れます!肌が強いと感じている方でも脇の下だけはデリケートですからね!頻繁に腕や足のムダ毛処理(自己処理)しても黒ずみが気にならないことが多いかもしれませんが、脇の下の場合だけは別です!何故か、すぐに黒ずみが現れてきます。一般的に脇の下の黒ずみは、言い換えると色素沈着ともいえますね!摩擦や刺激で色素沈着が起き、それが黒ずみになるわけです。脇の黒ずみの原因は、不衛生・紫外線・摩擦・剃刀で自己処理することでの刺激など、外的要素が多いと思います。中でも、摩擦や剃刀などによる刺激が一番ポイントになりそうな感じです!また、きつい下着を着けていても黒ずみができたりします!このぐらい脇の下周辺の皮膚ってデリケートなわけです!だからこそムダ毛処理には、コントロールジェルMEのような抑毛ローション(抑毛ジェル)を使いたいもの!肌に優しい成分で作られているので、デリケートな脇の下にも安心して使えます!即効性こそ低いのですが、安心してムダ毛処理&黒ずみ対策ができると思います!デリケートな脇の下のムダ毛処理では、剃刀などは使わないようにしたいものですね!
タグ:脇の黒ずみ
posted by コントロールジェルME at 13:18 | ムダ毛処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供のムダ毛を安全に処理するなら抑毛ローションや抑毛ジェルが安心!

コントロールジェルME 口コミや体験談をみていると、母と娘で一緒にムダ毛対策として使っているケースが多いことがわかります。子供のムダ毛処理に悩むお母さんが多い中で、ちょっと参考になったりします。例えば小学5年生くらいになるとムダ毛を気にする女の子が増えてくるようです。特にプールの授業やスイミングクラブなどで、恥ずかしい思いを感じている子供も多いようです。母親に相談する子供はいいのですが、中学生くらいになると、逆に恥ずかしくて相談できないケースもあるようです。その結果、剃刀を使ってこっそりムダ毛処理することもあるようです。ただ、剃刀を何回も使っていくと毛穴が黒ずんできますし、ムダ毛も太くなっていきます。肌への負担が大きいので、ちょっと心配です。子供 ムダ毛の悩みには、コントロールジェルME 評判が良いので使ってみるといいかもしれませんね!成分が毛根に浸透するまで1ヶ月〜1ヶ月半程度かかりますが、肌に負担をかけずにムダ毛処理ができることはメリットが大きいと思います。
posted by コントロールジェルME at 15:21 | 子供のムダ毛処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コントロールジェルMEの効果とは!『効果なし』との体験談もあるが・・・

例えば男性でもコントロールジェルMEを使っている方がいるそうですが、その方の体験談ではあまり効果を実感できていないようです。男性用の抑毛ローションもありますが、評価の高いのはありません。男性には、抑毛ローションはムダかもしれませんね。なお女性でも『効果なし』と感じる方がいるそうですが、即効性を求めている方は諦めた方がいいです。そもそも抑毛ローションは、その効果を実感するには最低でも1ヶ月半の時間が必要です。しかも最初(使い始めの頃)は、朝晩の1日2回塗る方がいいそうですから・・・効果を実感するまでは、少し時間が必要な感じです。これは、コントロールジェルMEに限った事ではなく、他にもプレミアムビューティースキンパイナップル豆乳ローションなども同様のことがいえると思います。肌を傷めずにムダ毛対策ができるので、少し地道に取り組む必要がありそうですね。
posted by コントロールジェルME at 14:39 | コントロールジェルME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱毛クリームと脱毛ワックスの違い!抑毛ジェルと比べて便利?

脱毛で仕上がりの自然さを求めるなら抑毛ジェルがオススメといえます。ただ時間がかかるので、手っ取り早さでは脱毛クリームと脱毛ワックスがいいかもしれませんが、問題もあったりします。

そこで脱毛で人気の脱毛クリームと脱毛ワックスの違いやメリット・デメリットについて調べてみました。オススメ具合は高いのですが、注意しておきたいことも実はあったりします。

最初に脱毛クリームと脱毛ワックスの違いについてです。

●脱毛クリーム
アルカリ性の薬剤を使い、皮膚表面の毛を溶かして毛を除去するもの。

●脱毛ワックス
温めたワックスを皮膚表面に塗り、それを剥がして毛を抜くもの。

上記のことからわかるように、脱毛クリームと脱毛ワックスの一番の違いは、毛を溶かして抜くか、剥がして抜くかの違いになります。

次に成分についてです。基本的に脱毛クリームは、化学成分を使います。脱毛ワックスになると、砂糖とレモン汁を使って手作りすることもできますね。ただワックスの方が肌に負担の無い成分を使っていることが多いかもしれません。これは、ワックスを塗って剥がすので、それで肌に負担をかけるためかもしれません。しかもワックスの方が抜くことによる痛みもありますから!

これらのことを考えると、脱毛ワックスより脱毛クリームの方が優れている気がします。但し、脱毛クリームは化学成分を使っているため、皮膚が弱い場合だとヒリヒリしたりすることがあるかもしれません。どちらにして多少は肌へのダメージがあるわけです。

なお一般的な評価では、肌が強いという前提条件では脱毛クリームの方が評価が高い感じですね。確かに、剃ったり抜いたりするわけではないので、使い勝手は良いわけです。

しかし脱毛クリームにもデメリットがあり、例えば毛が太く硬い方の場合だと毛根が残ってしまったり、途中で毛が切れて皮膚表面に黒くポツポツしたものが残ったりすることがあるわけです。特に何回も脱毛クリームを使っていると、毛が太く硬くなりますからね。この場合は使い方を気をつけたいところです。

そのため脱毛クリームの説明書には、脱毛部分を温めて使うと効果アップなんて書いてあります。入浴後や脱毛クリームを塗った部分にラップを巻いて密閉性を高めるのは、温めるためなんですね。

上記のことを加味すると、脱毛クリームや脱毛ワックスも一長一短があります。肌の強さや、毛の太さも関係するわけです。始めて使うならいいのですが、何回も脱毛をやっているなら抑毛ジェルの方がオススメかもしれません。時間はかかりますが、仕上がりの自然さという点では、抜群ですからね!そのためにも、これからの薄着に備えて今から準備することは、決して早いわけではないのです。
posted by コントロールジェルME at 16:06 | 脱毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。