脱毛クリームと脱毛ワックスの違い!抑毛ジェルと比べて便利?

脱毛で仕上がりの自然さを求めるなら抑毛ジェルがオススメといえます。ただ時間がかかるので、手っ取り早さでは脱毛クリームと脱毛ワックスがいいかもしれませんが、問題もあったりします。

そこで脱毛で人気の脱毛クリームと脱毛ワックスの違いやメリット・デメリットについて調べてみました。オススメ具合は高いのですが、注意しておきたいことも実はあったりします。

最初に脱毛クリームと脱毛ワックスの違いについてです。

●脱毛クリーム
アルカリ性の薬剤を使い、皮膚表面の毛を溶かして毛を除去するもの。

●脱毛ワックス
温めたワックスを皮膚表面に塗り、それを剥がして毛を抜くもの。

上記のことからわかるように、脱毛クリームと脱毛ワックスの一番の違いは、毛を溶かして抜くか、剥がして抜くかの違いになります。

次に成分についてです。基本的に脱毛クリームは、化学成分を使います。脱毛ワックスになると、砂糖とレモン汁を使って手作りすることもできますね。ただワックスの方が肌に負担の無い成分を使っていることが多いかもしれません。これは、ワックスを塗って剥がすので、それで肌に負担をかけるためかもしれません。しかもワックスの方が抜くことによる痛みもありますから!

これらのことを考えると、脱毛ワックスより脱毛クリームの方が優れている気がします。但し、脱毛クリームは化学成分を使っているため、皮膚が弱い場合だとヒリヒリしたりすることがあるかもしれません。どちらにして多少は肌へのダメージがあるわけです。

なお一般的な評価では、肌が強いという前提条件では脱毛クリームの方が評価が高い感じですね。確かに、剃ったり抜いたりするわけではないので、使い勝手は良いわけです。

しかし脱毛クリームにもデメリットがあり、例えば毛が太く硬い方の場合だと毛根が残ってしまったり、途中で毛が切れて皮膚表面に黒くポツポツしたものが残ったりすることがあるわけです。特に何回も脱毛クリームを使っていると、毛が太く硬くなりますからね。この場合は使い方を気をつけたいところです。

そのため脱毛クリームの説明書には、脱毛部分を温めて使うと効果アップなんて書いてあります。入浴後や脱毛クリームを塗った部分にラップを巻いて密閉性を高めるのは、温めるためなんですね。

上記のことを加味すると、脱毛クリームや脱毛ワックスも一長一短があります。肌の強さや、毛の太さも関係するわけです。始めて使うならいいのですが、何回も脱毛をやっているなら抑毛ジェルの方がオススメかもしれません。時間はかかりますが、仕上がりの自然さという点では、抜群ですからね!そのためにも、これからの薄着に備えて今から準備することは、決して早いわけではないのです。
posted by コントロールジェルME at 16:06 | 脱毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。